百舌谷さん逆上する

へぇ。ツンデレって病なんですね!

”ツンデレ”の症状に
悩まされる小学生たちの
マセた恋愛格闘(?)ストーリー、
『百舌谷さん逆上する』!

タイトルも
すごい目を引くのですが、
内容がまたアヴァンギャルド
というか(^^;

ではストーリーに
触れていきましょう。

転校生の百舌谷さん=コトは
”ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害”
通称”ツンデレ”の
人格障害に悩む女の子です。

そんなコトが、
運動しか取り得のない
バカで短気なガキ大将の
タツタに恋心を抱きます。

しかし他者に対しての好意に
反比例して
暴力的になってしまう
”ツンデレ”のせいで、
タツタを前にしただけで
病院送りにするほどの
凶暴性を見せるのです。

タツタとうまくいかないことに
悩んだコトは、
見た目は裸の大将、
善良で内向的なカバ夫の
弱みを握り、
タツタとうまくいくよう
協力させるべく
暴力で支配していきます。

カバ夫はコトの猟奇的なまでの
暴力に耐えることに
悦びすら覚えつつ、
コトとタツタの恋を
応援していくのだが・・・

これが小学生たちの
エピソードだというのが
まず社会問題!?(^^;

でも最近の子供たちって
このくらいマセてるのが
普通なのか・・・?

いろんな意味で
ハラハラさせられます。

ゲーム化しそう!?神とバトる監獄漫画!

『ぼくだけがいない街』で
マンガ大賞を受賞した
三部けいの作品、
『スティール アンド デッド』を
読んでみました。

アニメ化、ゲーム化を
初めから
狙ってきてるのか・・・!?
個々のキャラがたってます!

まだ1巻しか刊行しておらず
内容の理解が不十分ですが、
ちょっと触れてみると・・・

舞台は
ネパールの首都カトマンズにある
民間運営の巨大刑務所、
カトマンズ刑務所(プリズン)。

世界一脱獄が難しいにも拘らず
人気があり、
囚人から希望があれば
世界各国からでも入所できます。

人気の理由は
”ミッション”と呼ばれる
特別刑務作業にあり、
暴走する神を殺し、
”魂鍵(アーティマスティック)”を
奪うことで
減刑の報酬を得られる
というものです。

命がけでも減刑を得たい
服役囚の中でも、
懲役1000年越えという
東洋人がいると噂され、
近い将来
地球を滅ぼす存在だとして
その命を狙う者たちも現れます。

そんな噂の東洋人ロキ。

様々な罪状により
懲役1600年ではあるが、
塀の外には
何人もの守るべき子供たちが
いるようで・・・?

と、ここまででは
神が敵になる理由や、
アーティマスティックとは
なんぞや?
といった疑問はまだ
明かされません。

次巻に期待です。

セリフも会話のテンポも
コマの進みも
具合のいい作品です。

”実写化不可能”と言われたあの作品がついに・・・

10年前に話題になった小説
『イニシエーション・ラブ』が
松田翔太、前田敦子のふたりで
実写化されます。

この作品は賛否両論
分かれるのですが、
予備知識を入れてしまったり
叙述トリックに慣れた方には
退屈に感じるようです(^^;

というわけで
あまり予備知識を入れず、
構えず、
素直に読み始めて欲しい作品なので
内容は明かさず、
さわりだけ少し。

友人の代打で
合コンに参加した”たっくん”は、
繭子と出会い・・・

・・・・これ以上は言えない(^^;
というのも、
一語一句が大事な
ストーリーになっているからです。

読み終えてがっかり。

”仕掛け”以外は
ダラダラ続く内容でつまらない。

読み返したくはならない。

なんて感想の方々は、
”仕掛け”に気付いた時点で
この話を読了した気になって
しまったのではないでしょうか。

この恋愛小説が
ミステリーとしても評価されている点は
その他の部分にあり、
一語一句を気をつけて
読み解いてみてください。

何度か違和感を感じる記述があるはず。

筆者はそこに気付いたとき、
こんなことを思いつく作者が
怖くなりました・・・(。。=

女は怖い。
ふたつの意味で。

この内容を実写化・・・
本当にできているかなあ?

花嫁さまは16歳

少女漫画なの?
TL漫画なの?

俺様イケメンにキスされちゃって
夫婦になっちゃった。

花嫁さまは16歳。

ヒロイン、珠姫は16歳の女の子。

ただ、身寄りのない天涯孤独の女の子。

母の遺言により誰とも知らない鳳家に言ってみた。
母の言うことを信じて知ってみたのだが…

鳳家で珠姫を待っていたのは、
イケメン男子。

きゃーうらやましいーー!

と思ったら、なんと!

超俺様の超最低な男だった。

いきなり
「妻だ」といわれ
キスされちゃって、

天涯孤独の少女には、少々刺激がきつすぎる。
母の言葉通りにしたのに、こんなことになるなんて。

こんなところから花嫁さまは16歳。は始まります。

母はなんで、こんな男の家に珠姫を連れて行こうとしたのか。

それは、お金もちだから。

どうして、母がお金持ちを知っているの?
ちょっと謎もある漫画、花嫁さまは16歳。

少女漫画とTL漫画の中間みたいな展開。
描写は完璧少女漫画ですね。

この続きは本編を見てのお楽しみです。

薄桜鬼

もとは恋愛アドベンチャーゲームなんですけど、漫画化されています。
「薄桜鬼」。

ゲームしてなくても楽しめますよ。
見たらゲームもしたくなっちゃうとは思いますけど♪

行方不明の父を探すために京都を訪れ
新撰組隊士達と出会う女の子のストーリーです。

主人公は素直で頑張り屋な千鶴。
男装をして父を探しながら新撰組のイケメンたちと生活します。
う、うらやましい!

土方歳三・沖田総司・斉藤一など、おなじみの新撰組の隊士が出てきます。
敵キャラたちもイケメン揃い。
女の子のためのアニメですね。
新撰組好きならもちろんですが、分からなくても楽しめちゃいますよ♪

最近はスマホアプリでもイケメンと恋愛するゲーム多いですねー!
そして歴史ものも結構あるんです。

何個かやったことあるんですけど、ゲームながらドキドキしますね♪
しかし、課金しないとなかなか進めなかったり・・・。
イケメンと恋するにはお金かかっちゃうんですよね。
なんかホストみたいだな(笑)。

魔法騎士レイアース

魔法騎士と書いて「マジックナイト」と読みます。

魔法騎士レイアースはなかよしで連載されてたファンタジーです。

わたしはアニメで見てました。
目がでっかくてきらきらして、女の子が好きそうなアニメでした。
恋愛がらみも多くありますしね。

光、海、風という三人の女の子が異世界セフィーロに召喚されて、
セフィーロを救うために旅をするってお話です。
剣と魔法を使って戦います。

それぞれの名前にちなんだ魔法が使えたり、三人の性格がはっきりしていたり、
設定がすごくわかりやすかったです。

わたしのお気に入りは風ちゃんでした。
イメージカラーは緑で癒しの魔法や回復魔法が使えます。
メガネキャラらしく知的です。
短い髪がかわいらしいです♪

かわいい子とイケメンばっかり出てくるので、見てて楽しかったですね♪
女の子向けの戦うアニメファンタジーとしてはかなりクオリティ高かったんじゃないでしょうか。

田村直美の「ゆずれない願い」って曲もめっちゃ流行りました。
懐かしいです。

ちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃん、りぼんで連載されてました。
絵は初期のころに比べると、だいぶ変わりました。
かわいくなっています。

キャラクターも少しずつ増えてきましたよね。
わたしは昔からのキャラ、たまちゃんが一番好きです。
まる子の良き友で夢見る少女なところがかわいいです♪

わたしは小さいころりぼん買ってたので、雑誌やコミックスで読んでいました。
アニメも見てました。

大人になった今でも、日曜の夜になんとなく見ちゃうんですよね。
ほんわかできます。

まる子たちは昭和時代の子供ですから、
テレビゲームとかいまどきのおもちゃは全然出てきませんけど、
結構いろんなことで楽しんで遊んでますよね。
昔の子の方が工夫することを知ってたような気がします。

わたしはまる子世代のちょっとあとくらいだと思うんですが、
共感できるところは多々ありますねえ。
今の子たちはたまにでてくる「モモエゃん」とか「ヒデキ」は知らないでしょうねー。
でも大人から子供まで楽しめるアニメなことは間違いないですね。

女体化ヤンキー学園今人気のTL漫画

女体化ヤンキー学園今人気のTL漫画らしい

女体化ヤンキー学園 TL漫画にキュンキュン萌え萌え
このサイトに載っていました。

そんな女体化ヤンキー学園。

男が女の子になっちゃう話。
それもタイトルからヤンキーという言葉があります。

これは、主人公が男の時、ヤンキーだったからです。

そんなヤンキーが女体化しちゃって。

そしてTL的な展開になるんですが。

そのお相手が、主人公が男時代にライバルだった男。

もちろんヤンキー。
だけどイケメンなんですよね。
さすがTL漫画。

そんな女体化ヤンキー学園。
主人公が女の子になちゃって。
イケメンに…
なんて展開になっていきます。

女体化という要素を除くと普通のTL漫画みたいなんですけど、
そこに元男、女として初めていろんなことを体験するところは
新しい感覚ですね。

って結構、TL漫画の女体モノってあるんですけどね。

まあ、元がヤンキーだった話は、あまりないかも。
それも、ライバルに弄ばれるなんて。

そんなところが新鮮な女体化ヤンキー学園。
今人気の漫画みたいなので、一読をおすすめしときます。

てか、ヤンキーの元男が
女に身も心も女に変身していく姿なんか
すごくいいですよ。

ほんとにおすすめですね。

マクロスフロンティア

マクロスフロンティア。
テレビであってるのを見てました。

マクロスがシリーズ物・宇宙ものってのは知ってたんですけど、
ストーリーは正直よくわかりませんでした。
ほかのシリーズも見てたらわかったんでしょうけど。

宇宙戦闘ものなんですけど、恋愛関係や歌のウエイトが大きいです。
わたしとしてはストーリーよりも歌が魅力でした♪

漫画の中で二人の歌姫が出てきます。

1人はシェリル・ノーム。
みんなが認めるカリスマトップシンガー。
かっこイイ系の歌でみんなを魅了します。

もう1人はランカ・リー。
歌手志望の彼女の憧れはシェリル。
だんだん脚光を浴びるようになってきます。
かわいい系の歌が多いです。

初回を見て、シェリルの歌が気に入って、
それがきっかけで次も見ようって思ったくらい歌が魅力的でした♪

よくわからないのは、何で戦闘中に歌うかってことです。
歌で平和な世界にしようってコンセプトなんですかね?
とにかく歌は聞く価値ありです♪

主人公のアルトとシェリル・ランカの三角関係も気になっちゃいますよ♪

ゾンビローン

ゾンビローンという漫画
っていうとちょっと怖そうですが、絵はかわいくて女の子が好きそうな感じです。

漫画タイトルはストーリーを表してるんですけど、
あらすじはざっとこんな感じです。

死期が近い人の首に黒いリングが見える、特殊能力をもつ女子高生のみちる。
あるときクラスメイトのチカとシトの首にも黒いリングを見つけるけど、
二人は実はすでに死んでいたのでした!
命の融資「ゾンビローン」でローンを組みゾンビとなって、
その返済のためにゾンビ狩りをする二人。
そしてそれに協力することになるみちる・・・。

命のローンってのが面白いですよね♪

みちるは最初、クラスメイトにいじめられてパシリさせられてるんですけど、
二人と関わっていくうちに明るく前向きになっていきます。

両親は亡くしていて、叔母夫婦に引き取られてたんですけど、
のちに黒羽寮という寮で生活することになります。
チカ・シトの二人や他のキャラたちと絡みだしてから、だんだんイキイキしてきます。
おさげのメガネっこでカワイイ女のコです♪